麻生グループのグローバルな取り組み

グループ紹介

麻生グローバルイングリッシュ・プログラム ニュース&イベント

2022.07.06.

地域の子ども向け無料英語プログラム
イベント実施報告

「世界を学ぼう!メキシコ編」を実施しました。

麻生グループは、自ら成長する意欲を持つ地域の子どもたちのために、無料で学べる「麻生グローバルイングリッシュ・プログラム」を提供しています。2015年の開講以来、通年の英語レッスンに加え、英国オックスフォード大学生を講師に迎えての夏期集中講座や、スピーチ発表会など、多彩なプログラムを実施。これまでに、440名ほどの受講生の成長を見守っています。

地域の子どもたちの視野を広げる機会に

グローバルリーダーを目指す受講生が視野を広げる機会として、海外からの留学生を定期的に迎えてイベントを実施しています。今回は九州大学からメキシコ出身の留学生アレハンドラさんに、オンラインでメキシコやご自身について話していただきました。アレハンドラさんは、英語と日本語を交え、メキシコの文化や歴史、そして現在メキシコが抱える社会問題について発表。さて、受講生は、どんなことを学んだのでしょう?

どんな質問にも笑顔で答えてくれたアレハンドラさん

印象に残ったことはどんなことですか?

「メキシコ=タコス くらいしかメキシコについて知りませんでしたが、アレハンドラさんのお話を聞いて、メキシコの文化や宗教を知ることができました」と、話すのは横山理美さん(14歳)。現在、飯塚市内の中学校に通っています。発表の中で、メキシコ国内だけでも様々な言語が使われていることが印象に残り、今回、英語で発表されたアレハンドラさんがとてもかっこよく見えたそう。自分も見習って頑張りたいと英語学習への思いを新たにしました。

さて、他の受講生の皆さんは、どんなことを思ったのでしょうか。感想をご紹介します。

  • ・知らないことがまだまだたくさんあることを認識し、今回はメキシコについて知ることができ視野が広がりました。
  • ・アレハンドラさんが一番好きだと話していた「死者の日」は、日本のお盆に似ていますが、祝い方が全く異なり楽しいお祭りになっていることに驚きました。
  • ・メキシコが抱える社会問題の一つである移民問題について聞き、日本との違いを改めて感じました。
  • ・英語で質問し、英語で答えてもらうことはめったにないことなので、私にとっては貴重な経験になりました。

麻生グローバルイングリッシュ・プログラムでは、これからも様々な機会を通して、未来を担う地域の子どもちのために、引き続き、無料で英語を学ぶ機会を提供してまいります。

【お知らせ】

麻生グローバルイングリッシュ・プログラムでは、現在2022年度生を募集しています。
対象年齢のお子さまがおられる方は、是非麻生グローバルイングリッシュ・プログラムホームページもご覧ください。
詳細はこちら

【お問い合わせ】

麻生グローバルイングリッシュ・プログラム事務局 佐伯(さいき)
電話:080-8560-9367 受付時間10:00〜17:00 ※土日祝除く
Email:global-english@aso-group.co.jp